刃研ぎ機

P1000406.jpg
工夫しながら、使ってきた刃研ぎ機です。 単純に表面だけ研ぐなら、これでも良いんです。
しかしチドリ刃などは、裏も角度をキッチリ研ぎたいのです。
コレだと、まあ・・・適当! 

P1000405.jpg
これなら角度目盛り付きで、キッチリ研げるはずです。

P5204769.jpg
砥ぐ前の状態です。研がない人なら、これでも十分切れるんだと思います。
オラなんかは砥ぐので、少し切れなくなったら切れるのと交換します。

P5204767.jpg
光の加減で色合いが違いますが、砥いで切れるようになった状態です。
上の刃と比べると研ぎ過ぎて見えますが、これの研ぐ前を撮ってませんでした 
チップソーのタイプは同じです。
スポンサーサイト

続 今シーズン用?

P5164766.jpg

P5164765.jpg
タイトルと、まったく関係ありません が!
草刈り途中で見かけた、レンゲソウです。
昔はそこら中にありましたが、近年は生き残りの種から生えたのだけが残っているようです。


P1000404.jpg
本題です。 竹も切れるチップソーを手に入れました。
惰力でぶった切るんじゃなく、押し当てて切れます。
ただチドリ刃なもんで、研ぐのが面倒です。

で、精度良く研げる?刃研ぎも買うことにしました。
何だかんだ、出費が嵩み問題です けど・・・趣味も兼ねてますから 

今シーズン用に?

P1000394.jpg
安かったので、靴を買いました。 amazonでは17k以上します。

P1000397.jpg
ケブラー繊維入り。刃物では切れないはずです。
従って自分で足を切るとか、仲間に切られることは・・・無いと思います 

P1000395.jpg
この刈り刃にも興味があったので、買ってみました。一枚ずつ箱に入っているのは50円高いので、箱無しです。
箱は、ただのゴミにしかなりませんから ね 


P1000396.jpg
早速使ってみましたが、特別切れる感じではありません。
何回か石にヒットしましたが、チップが飛ぶことも無く、それなりかな?って感じです。
耐久性は、間もなく分かるでしょう。



剪定

CIMG1057.jpg
シュロに花が咲きます。姿も乱れて来たので、手入れしました。

CIMG1059.jpg
花が咲いて、放っておくと実がなります。鳥が食って、そこら中に糞をすると・・・野良ジュロだらけになります。
その前に、切り落とします。

CIMG1060.jpg
真ん中のシュロは、6メートルの二段梯子でもやっと届く高さになりました。

CIMG1061.jpg
花も垂れ下がった葉っぱも、キレイに取り除きました 

寒いです。

P5094761.jpg

今日の仕事は、雨で中止になりました。
しかし、寒いですね~! 更新をサボっていたけど、記事にするようなこともしてません。

雨が止んだので、アイリス?(正式な名前は分かりません)を撮ってきました 

CIMG1055.jpg
5回目のタケノコ掘りしました。
流石に、いっぱい出てます。この間に、他所の人が2回掘って行ってます。

まだまだ、出ると思います。欲しい人は・・・掘って行ってください 

てんぷら

P1000388.jpg
タラの芽とコシアブラ、3回目のてんぷらです。
何時もは?夜でしたが、午前中に採ってきたので・・・昼に頂きます。
 付きで 
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ぬまたやいち

Author:ぬまたやいち
ミュンヘン五輪にも出た、元競輪選手。趣味はDIY・盆栽・ジャンクの機械再生など。自作の道具で、冬は羽鳥湖などの氷上でワカサギも釣ります。

ブログは、朝と夕方では中身が変わっていたりします。「盆栽のようなブログ」と、思ってください。

コメントは歓迎ですが、内容によっては削除する場合がありますので、悪しからず。

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる